MENU

任意整理・個人再生・自己破産

借金を整理する方法にはいくつかありますが、任意整理・個人再生・自己破産の3つが主なものだと言って間違いないでしょう。

 

そしてそのどれを選ぶかは借金の総額など状況によって違ってきます。

 

何故かは、任意整理・個人再生・自己破産の違いを知ることによって分かると思います。

 

まず分かりやすいのは困窮度合いによって生じる選択の違いでしょう。

 

一般的に困窮度が低い場合は任意整理を、それより困窮度が高くなると個人再生を、どうしようもない場合には自己破産を選ぶことになります。

 

自己破産は最後の手段なのですね。自己破産は借金を免除してもらえる仕組みですが、その代わりに最低限生活に必要なもの以外の財産は全て差し押さえられ、そこからの再出発となります。

 

対して任意整理や個人再生は借金を全額免除してもらうことはできません。

 

任意整理は話し合いによって借金を整理するという方法です。とは言っても債務者本人と債権者で話し合うことはほぼありません。

 

ほとんどの場合、債務者は弁護士などプロの代理人を立て、代理人と債権者が話し合いを進めることになります。

 

あくまで話し合いなので大幅な減額を期待するのは難しいでしょう。

 

ですから比較的困窮度が低い場合に選択されるのです。

 

個人再生は裁判所への申し立てによって借金の減額や返済方法の変更などが認められるかもしれない方法です。

 

裁判所を通すので任意整理よりも強制性が強く、自己破産よりはリスクの低い方法といったところでしょうか。

 

ただ個人再生は誰でもできるわけではなく、特定の条件を満たせる人のみが利用できる制度となっています。