MENU

どうなってしまうのか

借金を返せない場合どうなるのかと考えたこともある人は多いことでしょうが、返すことが出来ないからといっていきなり逮捕されてしまうようなことも、怖い人達が詰めかけてくるということもありません。

 

闇金のような場所に借りていた場合には、何が何でも元金だけは回収しようと激しい取り立てをしてくることもありますが、一般的な金融機関であればそのようなことはありません。

 

もちろん、ギリギリまでルールに則った催促はしてきますが無い袖はふれませんから、返済できなければその時点ではそれ以上のことはありません。

 

しかし、取り立ての次に待っているのは法的な手段であり返済ができなければ、相手の方が法的な手段に訴えて所有物などを差し押さえられてしまうおそれがあります。

 

相手は非合法なやり方で取り立てをしてくるということはありませんが、返済できないのであれば合法的な手段で淡々とお金を回収してこようとします。

 

この段階になってしまうと、すでに個人でできる対処法はなく資産は嫌が応じにも資産がとられてしまったり、給与を差し押さえられてしまうことになります。

 

そうなれば、会社にも借金があるということが知れ渡ることになってしまって、会社勤めもしづらくなってしまうということになるのです。

 

そして、最終的にそれでも返せなければ社会的な信用を失ってしまうことになります。

 

そうなれば、新たに借金をすることもできず、クレジットカードを持つことや割賦販売などを利用することもできなくなってしまうため、日常生活に多くの制限がかかってしまうことになるのです。

 

 

 

関連ページ

返せないからと絶対に放置してはいけません。
お金を借りて返せないなど、借金についていろいろな豆知識。
債務整理を行った場合
お金を借りて返せないなど、借金についていろいろな豆知識。債務整理について。