MENU

自己破産という方法

近年では消費者金融のキャッシングなどを利用している人も多く、担保などを用意しなくても手軽に借金をしやすい世の中になっています。そのために多額の借り入れをしてしまうことにより、借金返済ができなくなる人も増えています。

 

 

 

借金返済ができないと感じたときには、早めに弁護士などの専門家に相談することが大切で、放置していても解決させることはできないと考えておいたほうが良いです。弁護士に相談することによって、債務整理の手続きを進めてもらうことが可能になるために、借金返済問題を解決できる可能性があります。

 

 

 

指定されている返済期限を大きく過ぎているときには、取立を受けていることも考えられますが、債務整理について弁護士に正式な依頼をしたときには、借り入れ先の消費者金融などに受任通知を発送してもらえますので、その時点で取立を止める効果があります。

 

 

 

債務者の置かれている状況に応じて、弁護士が最適な債務整理の方法を選択してくれますので、自己破産や任意整理の方法を利用して問題の解決を図ることができます。

 

 

 

 

収入や財産がほとんどない債務者の場合であれば、債務整理の中でも自己破産を選択することで、抱えている借金の返済義務を全て帳消しにすることが可能になります。