MENU

債務整理を行った場合

債務整理とは借金を返せなくなった債務者を救済する救済措置で、借金を整理する一つの方法です。

 

債務整理の方法としては、「過払い金返還請求」、「任意整理」、「個人再生」、「自己破産」の4種類があります。

 

それぞれ債務者の借金の額を減らし、重い金利負担から解放させるといった大きなメリットがありますが、同時にいくつかのデメリットもあります。

 

「過払い金返還請求」のデメリットは、消費者金融によって様々ですが、基本的に過払い請求をするとその消費者金融からお金を二度と借りることができない可能性がある事です。

 

「任意整理」のデメリットは、借金が全てなくなる自己破産に比べると減額幅が少ない事と、ブラックリストに約5年間登録され、クレジットカードが持てなくなったり、ローンが組めなくなります。

 

保証人付きの借金の場合、保証人とともに任意整理の手続きを行う事になります。

 

「個人再生」のデメリットは、ブラックリストに登録され約5から10年はクレジットカードが作れなくなったり借り入れができない事と、自己破産とは異なり、返済を継続できる収入がないと手続きができません。また「官報」に掲載されますし、債務整理の中で一番手続きが複雑なため、費用や手間がかかります。

 

「自己破産」のデメリットは、同じく約5から10年間ブラックリストに登録され、住所氏名が「官報」に掲載されます。持っている資産は没収されてしまうので、マイホームや別荘等の価値のある財産(原則20万円以上)は処分される場合があります。また借金を繰り返し債務超過に陥っても、7年間は再度自己破産する事ができませんし、二度目の自己破産は免責がおりにくいのです。

 

 

関連ページ

返せないからと絶対に放置してはいけません。
お金を借りて返せないなど、借金についていろいろな豆知識。