MENU

債務整理にはどのようなデメリットがあるのか。

借金の返済がかなり困難という場合は債務整理を行えばかなり借金を減らすことができますし、場合によっては返済が免除されることもあります。

 

返済が楽になるのはメリットですが、手続前にはそのデメリットについてもよく理解しておくことが大切です。

 

まず、債務整理はどのような方法を選んだ場合も、その情報は信用情報に掲載されることとなりますので、その後は新たに借入れをしたり、カードを持つことは難しいということは理解しておきましょう。

 

さらに、個人民事再生や自己破産を選んだ場合は、その情報は官報に記載されることとなります。

 

官報は一般の人が目にすることは少ないものですが、情報が掲載されてしまうことは理解しておく必要があります。

 

さらに、借金に連帯保証人がいる場合は、その人にも影響が出てしまいます。任意整理の場合は借金を選ぶことができますが、個人民事再生、自己破産の場合はすべての借金を整理していくこととなりますので、どうしても連帯保証人への影響は避けることができません。

 

自己破産を行う場合は免責が下りれば借金はすべてなくなることとなりますが、そのかわり価値のある財産を持っている場合はそれを失うこととなります。さらに職業や資格に制限が出ることもあります。

 

マイホームを守りたい、財産は手放したくないという場合は個人民事再生、任意整理で解決することも考えてみましょう。

 

そして債務整理の場合も無料で行えるのではないこと、手続にはそれなりに時間も必要です。

 

法律の知識がほとんどないという場合は個人で手続を進めるのが難しくなる場合もあります。