MENU

債務整理のその後と自宅

借金の悩みを軽減する事が出来る債務整理にはいくつかの方法があります。

 

方法の選び方で意識をしておきたいのが、自宅の有無です。

 

借金の返済義務がなくなる自己破産を行う為には、家等、処分できる財産があれば処分をして返済に充てる必要があります。

 

ですから、謝金の返済義務がなくなっても、家がない状態から生活の立て直しをする事になります。

 

現金も必要最低限しか手元に残らない状態からの生活の立て直しとなる為、新しい家を探す、引っ越し等の費用はとても大きな負担になります。

 

元々、持ち家がない人の場合、債務整理を行ったその後の生活への影響が比較的少ない状態になる為、処分できる財産がないのであれば、自己破産を選ぶというのも良いでしょう。

 

住んでいる家を手放したくないと考えるのであれば、家を手放す必要がない個人再生や任意整理を選ぶ事がお勧めです。

 

個人再生や任意整理は、借金の返済義務がなくなる訳ではありません。

 

ですから、手続きが完了後、そこからまた借金の返済が必要になってきます。

 

ただ、自宅を手放す必要がないので、家探しや引っ越しで悩まされる必要がない状態で、生活の立て直しをしていく事が出来ます。

 

債務整理を行えば借金の悩みを軽減していく事が出来ますが、手続きを行う時には、その後の生活もしっかりと考えておく事が大切です。

 

その為には、処分できる持ち家がある場合、処分をしなくても借金の悩みを減らせる債務整理法を選ぶ事がお勧めです。