MENU

返せないと思ったらまずは法律事務に相談です

借金返済が難しい状態になっていることで、悩みを抱えている人は日本全国に数多くいると考えられています。借金返済ができなくなってしまったときには、そのまま放置してしまうと、借り入れをしている金融業者などから督促や催促を受けることになります。

 

借金を抱えているときには、返済を滞納することによって遅延損害金や金利が膨らんでしまう可能性もあるために、早めに対応することが大切です。

 

 

借金問題を相談できるところとしては、債務整理の手続きを受け付けている法律事務所があります。法律事務所に相談することで、弁護士などの専門家が借金問題について対応してもらうことが可能となり、抱えている借金や債務者の収入の状況などを把握することで、最適な債務整理の手続きを提案してもらえます。

 

 

代表的な債務整理としては、自己破産や任意整理などがあり、債務者にとって借金返済の義務を帳消しにしてもらうことや、返済を継続できる状態にまで減額してもらうなどの交渉が可能です。抱えている借金額が少額で、一定の収入を得ている人であれば債務整理の中でも任意整理の方法で解決できる可能性があります。

 

 

任意整理の方法を選択することで、住宅や自動車などの財産を処分することなく借金問題を解決させることが可能となります。