MENU

時効について

現代では様々な権利に対して時効が設定されており、それが成立したのであればもうその権利は行使できなくなります。
これは借金に対しても同様なので、では借金の時効はいつ成立するのかというとこれは「商事債権の場合は最後の返済から5年、個人同士の一般債権の場合は最後の返済から10年」として扱われています。

 

そのため最も一般的な消費者金融や銀行からの借金であれば、最後の返済から5年間権利の行使がされなかった場合に時効を迎えるという形になるのです。
ただし注意が必要なのは時効は援用しなくては成立しないこと、場合によっては中断することです。
まず援用とは「もうこの借金は時効なので返済しません」と債権者に通知することで、配達証明付きの内容証明郵便で送ることが必要です。

 

これがされないとその借金はいつまでも残り続けますから、間違いなく通知を送ることを意識してください。
次に時効の中断についてですが、これは支払い督促の申し立てなど裁判上の請求や差し押さえ処分、そして債務の承認などが代表的なものになります。
この中でもわかりづらいのが債務の承認ですが、ざっくりと説明すると「借金があることを認めた場合にはその時点で中断が発生する」ということです。
これは例えば消費者金融の業者が「100円だけでも返してもらえませんか」と言ってくるようなケースで注意が必要です。

 

 

たった100円であればということで支払ってしまうと、その人は「借金があって返済をしなくてはならない」ということを認めたとして扱われます。
この場合時効は再び最初からカウントされることになりますから、必ず注意しておきましょう。